酵素について学ぼう!

では、最初に酵素ダイエットの主役でもある酵素が体の中でどんな働きをしているのかについてです。

 

私たちは食物を食べ腸に届け、その食べ物を腸で消化・分解しています。当たり前のように行われていますが、この過程は酵素がなければできないのです。

 

酵素の働きにより、消化、分解ができ、全身に栄養素が届けられるのです。しかも全身に届けるのも酵素の働きがなければできません。

 

つまり、酵素は生きるための全ての活動に大きく関わっており、酵素がなければ私たち人間は生きることができないのです。

 

では酵素はどこに存在しているのか

まず、酵素がどこで作られているかですが、酵素は体内で作られています。それを体内酵素とか潜在酵素と言う呼び方をしています。このサイトでは、体内酵素と言う言い方をしますが、体内酵素には2つの種類に分けられています。

  • 食べ物の消化・分解・吸収に使われる消化酵素
  • 各臓器の活動や老化防止や解毒作用、皮膚や髪の毛の爪の再生や物事を考える思考などに使われる代謝酵素

です。ですがこの体内酵素は、多少の個人差はありますが、一人ひとり一生に体内で作られる酵素の量は決まっているとされています。と言うことは、単純に暴飲暴食を良くする方には消化するために消化酵素が使われ体内酵素は不足しがちになるということになります。

 

そのため、年を重ねると食べる量が同じなのに太りやすく、運動しても痩せにくい体質になってしまうといわれているのです。その対策が外部から酵素を体内に取り込むと言う方法です。

 

酵素は生きてる生物全てに存在しています。特に多く含まれているのがみそやしょうゆ、納豆などの発酵食品、また生野菜や果物です。パイナップル、青パパイヤ、キウイ、イチゴ、バナナ、キャベツ、ヤマイモなどに豊富に含まれています。しかし酵素は熱に弱いという特性があります。加熱する事で酵素が破壊されてしまうので、なるべく加熱調理はしないように食べましょう。